「水力発電が日本を救う」を読んで 第三章

「水力発電が日本を救う」 竹村公太郎著

第三章 なぜ日本のダムは200兆円の遺産なのか

ダムは半永久的に利用できる

ダムは下記の理由で半永久的に壊れないと言える。

・コンクリートに鉄筋がない

・基盤が岩盤と一体化している

・コンクリートが極めて厚い

また、洪水吐を備えており土砂に埋まる心配もない。

ダム式水力発電の可能性

ダム式水力発電は、発電量の調整が容易という利点もある。

ただ、日本の川に多数存在するダムの潜在的な電力は

まだまだ十分に活用できていない。

以下の方法でダム式水力発電のさらなる活用が可能だ。

発電設備のないダムを活用

既設のダムには簡単に穴が開けられるので、

取水口を設置し、発電設備を後付けできる。

 

既設ダムの嵩上げ

ダムは底から上に行くほど広がっていく。

嵩上げにより発電電力が高くなるだけでなく、

円錐に近似すると例えば10%の嵩上げで貯水量は3割以上増加する。

感想

一度作られたダムを活用することは環境への影響は少なく、

再生可能エネルギー普及のため積極的に行いたい事業である。

一方、本書ではあまり触れられていないが、「採算性」という壁がある。

中小水力はFIT制度という後押しがあるものの

水力発電は初期投資がかなり大きく回収に時間がかかる。

また、ダムは自治体が保有しているケースが多く、

発電事業者と自治体の連携が不可欠であることも挙げられる。

公益性のある事業であるため、政府としても

積極的に取り組んでもらいたい。

この件に関して記載された記事がありましたので

URLを貼り付けておきます。

クリックしてH29.04%20%E9%80%A3%E8%BC%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E7%AC%AC7%E5%9B%9E%EF%BC%88%E6%B0%B4%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%EF%BC%89.pdfにアクセス

 

 

コメント