「水力発電が日本を救う」を読んで 第四章

「水力発電が日本を救う」 竹村公太郎著

第四章 なぜ地形を見ればエネルギーの将来が分かるか

日本は水のエネルギーに富んでいる

日本は以下の特徴から、水のエネルギーに富んでいるといえる。

・アジアモンスーン気候

・山の多い島国

歴史とエネルギー

ここでは、日本の歴史とエネルギーの関係性について語っている。

また、日本に限らず、文明の裏には環境破壊がある。

日本のこれから

次世代のエネルギーは再生エネルギーが中心となると考えられるため、

人口減少は歓迎すべきことかもしれない。

エネルギーの総量が減っても、人口が減った場合

一人当たりのエネルギー量は変わらないからだ。

豊富な水力と人口減により持続可能な社会を実現できるのだ。

管理人の意見

ここでも、著者と意見が一致している。

人口が減ることは悪いことではない」という意見だ。

現代では、電気が使えることが当たり前になっている。

だが、エネルギーは無限に湧いて出てくるものではない。

「国」という目線でみると人口減少は経済力の低下とか

対外的な力が弱くなってしまうとかあるかもしれないが、

限られたエネルギーで長期的に生活を維持するためには

人の数が減るということは有効であると考えられる。

 

コメント