電験1種申し込み!参考書や勉強方針を決めました。

電験1種申し込みました!

電験1種申し込みました。

1次試験は機械以外すべて合格しています。

今年は、2次試験も見据えて機械分野を中心に勉強します。

電験1種の勉強方法

機械のみ残っているため、2次試験の勉強を中心にします。

機械は、2次試験の勉強である程度兼ねることができます。

また、これまで、機械以外は合格しましたが、

他の科目についても以前の勉強方針を紹介します。

理論について

1種では、複雑なものではありませんが、微積分が現れます。

2種と比べると難易度が上がっているので、

大学の頃の感覚を思い出すことからスタートしました。

過去問題集をひたすら解いていきます。

そして、解説を読んでわからないところを

大学時代の電磁気学、電気回路の参考書で理解する作戦で合格しました。

電力、機械について

2次試験の勉強を中心に行うことで、

1次試験の勉強をある程度兼ねることができると考えています。

まずは、2次試験の問題をひたすら勉強をして、

夏以降に1次の勉強シフトします。

機械が苦手なので落としましたが、この方針で今年も勉強します。

法規について

これが理系にとって一番の山だと思います。

ただ問題は3,2種と比較してもそれほど難易度は変わらないので、

直前の猛勉強で詰め込み作戦でなんとか合格しました。

受験日程が近づく1ヶ月前とか、ぎりぎりまで放置します。

一通り勉強すれば、2種、3種の知識を思い出せるでしょう。

全体的に

2種と比較して、論述の問題の重要度が増しているような印象です。

2種は、計算問題をカバーしていれば合格することができましたが、

1種は論述の問題を的確に解答することが求められます。

1種の参考書

電験1種対応の参考書

1種は参考書の種類がほとんどありません。

というわけで私が使っているのは下記の2冊です。

電験一種一次試験の完全研究

電験一種二次試験の完全研究

記事作成中の現在、品切れのようです。

私が見に行ったとき、大手書店では売っていました。

ただ、電験1種は受ける人が少ないためか、

小さな書店では取り扱っていない場合が多いです。

電験2種用参考書

勉強再開時は、リハビリも兼ねて2種の参考書も使っていました。

2種に合格した時は、下記の参考書を利用していました。

電験二種完全攻略 改訂2版: 一次試験対応・トコトンわかる速攻学習方式

こちらは、3種の勉強にも用いていました、

主に用語の復習等で用いています。

 電験二種完全攻略:二次試験対応・過去問から体系的に学ぶ

計算から論述まで、分野別に過去問を収録しています。

自分の得意分野や苦手分野を知るのに非常に便利な参考書でした。

ただし、誤記が多いので人によってはイライラする可能性があります。

改定版がでたらそちらを購入したほうが精神衛生上良いでしょう。

最後に

過去問の解説を読んでも理解できないことはたくさんあります。

インターネットで検索して解説を探すのもよいでしょう。

1種レベルの解説を記載してあるページも挙げておきます。

こちらのサイト、よくお世話になっています。以前も紹介しましたね。

EnergyChord

コメント