書評

スポンサーリンク
書評

送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん?を読んだ

送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん? 「送電線は行列のできるガラガラのそば屋さん?」 7月のkindle月替りセール299円という安さです。77%引きです。 というわけでこの本を読んでみました。 2019年...
書評

ホリエモンに学ぶ、教育という名の洗脳

ホリエモン著:すべての教育は洗脳である すべての教育は「洗脳」である 学校教育という洗脳 この本を読んだ方ならおわかりかもしれませんが、 私の考え方は、この本に多少なり影響をされています。 学校教育は、理不尽を受け...
書評

「水力発電が日本を救う」を読んで 第四章

「水力発電が日本を救う」を読んで 第四章 なぜ地形を見ればエネルギーの将来が分かるか
書評

「水力発電が日本を救う」を読んで 第三章

一度作られたダムを活用することは環境への影響は少なく、 再生可能エネルギー普及のため積極的に行いたい事業である。 公益性のある事業であるため、政府としても 積極的に取り組んでもらいたい。
書評

「水力発電が日本を救う」を読んで 第二章

日本は、山と雨という水資源を利用し、 豊かなエネルギーを得られる可能性を秘めている。 ダムはこれらを活かし、出力変動の少ない 安定したエネルギーをもたらしてくれる。
書評

「水力発電が日本を救う」を読んで 第一章

「水力発電が日本を救う」 竹村公太郎著 第一章 なぜ、ダムを増やさずに水力発電を二倍にできるのか。
書評

「水力発電が日本を救う」 序章

「水力発電が日本を救う」 の序章についてまとめました。
スポンサーリンク