電験3種合格講座 H29年電力問2解説


久しぶりに電験3種の動画を投稿しました。

電験三種、H29年度電力問2です。

知識系問題は検索するだけですぐ答えがわかるので

これから先、解説をどうするか迷っています。

とりあえず全問、解説しようとは思っていますが。

電験3種合格講座 H29年電力問2解説

H29年度電験3種 電力問2

さて、またまた水力発電分野の問題です。

キャビテーションに関する問題です。

電験では、2種や3種で時折出題されています。

水力に関する問題は、毎年出題されているので確実に抑えておきましょう

キャビテーションとはどういう現象か

キャビテーションとは、流水中のある点の圧力が

飽和水蒸気圧以下になると、水は蒸発し、

流水中に微細な気泡を発生させます。

これが高圧部で衝突し、破裂すると衝撃を発生させます。

これがキャビテーションです。

キャビテーションによる影響は、さまざまです。

ランナの壊食や、効率低下、水車の振動や騒音、

水圧の変動の原因となります。

キャビテーションの対策

まずは、吸出管の高さを低くすることです。

ただし吸出管の高さを低くすると出力がさがってしまうため、

トレードオフとなります。

また、比速度を高くしすぎないようにしましょう。

ランナ面を平滑にして、浸食に強い素材とすることも重要です。

そして、部分負荷での運転は、キャビテーションを生じやいので

このときドラフトに給気することでキャビテーションを防ぐことができます。

聞いて学ぶ電験講座 水力発電編

聞いて学ぶ電験講座にも水力分野について投稿しています。

通勤中などに聞き流したりして活用してみてください。

聞いて学ぶ電験講座 水力発電編1

 

 

コメント