仮想通貨 POWR(power ledger)について

POWR(powerledger)

POWRの概要

今回は私の趣味でもある、仮想通貨と電力が関連した話題です。

PowerLedgerとは、Power Ledger社が開発した

分散型エネルギー取引プラットフォームです。

POWRは、同プラットフォームのアクセス許可のトークンです。

取引所による差が電力料金に影響しないよう、

電力の価値決定にはSparkzと呼ばれるトークンが用いられます。

ホワイトペーパーはこちらです。

https://powerledger.io/media/Power-Ledger-Whitepaper-v8.pdf

動画も公開されています。

Power Ledger: The Democratization of Power

 どういう通貨?

ブロックチェーンベースのエネルギー取引プラットフォームで、

電力をリアルタイムに仲介者なしで近隣の人に売ることができます。

再生可能エネルギーが普及しはじめ、電力取引が複雑化しています。

小売事業者を介さず個人、企業間取引が可能になる

画期的プラットフォームです。

日本における電力の個人間取引の可能性

日本では、電力会社が高い料金で再生エネルギーを買い取り、

安い価格で民間に売っている、差額は国民全員で負担する

という状況になっています。

この状況を脱しない限りは、自然エネルギーの個人間取引は

割に合わず、普及しないように思えます。

管理人の意見

調べてみたのですが、ぶっちゃけ仕組みがよくわかりません。

勉強しなければならないことが多いようです。申し訳ありません。

送電線網は既存のものを使うのでしょうか。

売買のスプレッドがあればそれが託送料金になるのでしょうか?

ともあれ小売事業者を省くことは電力価格の低下に繋がります。

とっても面白いですね。

コメント